冷戦下における相互関心

リトアニア・ソビエト社会主義共和国と日本の関係

ソビエト連合による占領により、リトアニアは独自の外交政策を打ち出すことが出来なくなりました。そのため、カウナスの外国領事館は閉鎖され、国際協定も打ち切られました。リトアニア・ソビエト社会主義共和国と日本の関係はわずかですが少しずつ深まりました。1940年9月の始めに杉原がカウナスを出発した後、日本人はリトアニアから姿を消しました。日本は冷戦の間アメリカと親密な関係にあり、リトアニア側からすると敵側であったため、これは当然のことでした。

一方でソ連時代のリトアニアと日本の親交関係の回復を示す話もいくつか確認でき、それについての意識を高めようとする試みもありました。

(former Prime Minister Yasuhiro Nakasone visiting Lithuania in 1988; LCVA 0-103308)

The first Lithuanian who shook the Emperor’s hand

日本で行われた、リトアニアを代表する首脳会談は1960年代に行われました。その頃から日本とソビエト連邦の国交が始まり、ソビエト連邦に属していた他国の代表はモスクワの共産党員とともに代表団に参加しました。リトアニア・ソビエト社会主義共和国の最高議会幹部であるユスタス・パレッキスは日本を訪れたリトアニアの政府高官でした。

(J. Paleckis in Japan; LCVA 0-061283)

東京への初めての訪問は1960年9月29日から10月7日にかけて行われた列国議会同盟に参加したリトアニアのジャーナリストであり政治家のパレッキスに関連します。パレッキスは他の参加者とも一緒に日本の国会を訪れ、また東京の皇居での歓迎会にも参加しました。歓迎会では、天皇の裕仁様は握手で客をもてなしました。

パレッキスは東京で数日間過ごし、当時のことを本に記しています。その本には政治的、経済的そして社会的状況と観光地について書かれていました。彼の日本に対する憧れと尊敬の意がはっきりと表れており、最後の文章には日本にまたいつか訪れたいという願望も記されています。

 

 

(J. Paleckis in a meeting with Emperor Hirohito; from J. Paleckis "Kelionių knyga", Vaga, 1969)

パレッキスは1969年4月15日から24日にかけて再度東京を訪れており、その際はソ連の国々の最高議会幹部を務めました。彼は当時の首相であった佐藤栄作、愛知揆一外務大臣、国会議長、東京都知事、また訪問の最後には再び裕仁天皇に会いました。そこでは国際関係、そして日本とソ連の関係についての話し合いが真剣に行われました。パレッキスは当時日本の天皇と親しかった唯一のリトアニア人であったと言われています。さらにそれと似たような会談が1992年にも行われ、次世代の代表と言える、ヴィータウタスランドスベーギスと昭仁天皇が会談を行いました。これについての詳細は「リトアニアと日本の今日の関係」に書かれています。

(J. Paleckis with Mayor of Niigata; from J. Paleckis "Po pasaulį pasidairius", Vaga, 1979)

(J. Paleckis in Japan; LCVA 0-061282)

(J. Paleckis with Governor of Niigata Prefecture; from J. Paleckis "Po pasaulį pasidairius", Vaga, 1979)

公共・文化的関係

リトアニアと日本の関係はお互いの好奇心と憧れによって深まっていきました。両国の情勢が安定し、ビザの取得が容易になった1970年代後半頃から、両国間の交流は活発になりました。ほとんどの場合、リトアニア人はソ連の代表者のグループとして日本を訪れており、当時個人的な旅行として訪れる人は多くはありませんでした。一方で、日本からの訪問者はソ連経由の旅行ツアーを利用しリトアニアを訪れていました。しかし、カウナスへ向かったチュルリョーニスの専門家である加藤一郎などの例外も一部ありました。

(an excerpt of Lithuania SSR news chronicles, June of 1962, No. 24/653)

ジャーナリストであり旅行家であるマイコラス・ルイベッキスはおそらく早期の様子を最も鮮明に捉えた人物と言えるでしょう。彼は1959年に日本を訪れ、多数の写真を含む「黄色い海を渡れ」(リトアニア語で“Anapus geltonosios jūros”)を出版しました。同年に作家であるアレクサンドラス・グダイティス・グゼヴィチウスは、春に東京や他の都市を訪れています。1961年には大阪万博にてリトアニアの民芸作家による作品が展示されました。もちろん、東京オリンピックではより大きな注目を集めました。16人ものリトアニア人選手が参加し、1964年には日本を訪れたスポーツの記者たちがこの詳細の記事を出版したのです。この頃には音楽との関わりも盛んに行われました。工藤誠一郎率いる日本のジャズバンドは1963年にヴィリニュスでコンサートを開催、また1965年の5月中旬にはグループ「The Movement of Singing Voices」もヴィリニュスを訪れました。さらには日本のカルテットである「ロイヤルナイツ」もリトアニアでコンサートを開き、それがロシア語を含むものであったため、ソビエト社会主義共和国連邦にて大きな人気を博しました。

(Lithuanian Central State Archives and Zarasai Regional Museum)

1970年代は大阪での万国博覧会から始まりました。リトアニアを代表するステンドグラスや建築物、絵画が展示されました。同時期にはリトアニア人作家であるチュルリョーニスの世界観に高い関心を持つ愛好家のグループが集結しました。1975年の9月には、「宝塚からの少女たち」と題したミュージカルがヴィリニュスのコンサート・スポーツパレスにて上演されました。

(from "Švyturys"; Romualdas Neimantas collection)

ソ連による占領が終了する最後の10年も活発でした。1982年の9月から11月にかけてソビエト社会主義共和国連邦の日に、リトアニアの伝統的な絵画、現代的グラフィック、そして写真が日本の7つの都市で展示されました。アンサンブル「リトアニア」も同じくツアーを行いました。似たようなイベントが1989年5月7日から14日にかけても繰り返し行われました。同年にはリトアニアのおとぎ話「白鳥。王様の妻」(リトアニア語で“Gulbė karaliaus pati”)が日本語で出版され、そしてリトアニアのグラフィック作家であるシグネ・ヴァリュビエネがそれを説明しました。リトアニアの小規模のオーケストラは9月に東京、大阪、京都、名古屋などで11つのコンサートを開催しました。

(from "Tiesa", "Knygnešys"; Romualdas Neimantas collection)

日本からの訪問者

リトアニアはソ連時代に何回か日本からの客を受け入れました。その大多数は文化的関心によるものでした。それにもかかわらず、ヴィリニュスやカウナスなどの市の代表団については言及する価値があります。ソ連での生活を記事にしようとしたジャーナリストと左翼組織の代表者はそれらの代表団に参加しました。

(welcoming of Yasuhiro Nakasone in Lithuania, 1988; LCVA 0-103321)

ジャーナリスト

ソ連の時代、日本人はリトアニアについての情報を新聞の一部記事から得ることができていました。リトアニアという言葉は、カウナスの杉原千畝に関する記事(最初の記事は1968年に登場)の中で登場し、1972年、当時高校生であったリトアニア人、ロマス・カランタの焼身自殺によって始まったソ連に対する政治的プロテストについては国際的に大きな注目を集めました。

ほとんどの場合、情報はモスクワに住む日本人ジャーナリストによって出版されていました。しかし、中には日本から直接訪れた特派員代表団もいました。例えば、通信社である日本電波ニュースは1970年、1979年、1982年にリトアニアへの訪問を計画しました。朝日新聞の記者は1988年10月のリトアニアの変化に興味を持っていました。翌年9月には日本テレビチームがヴィリニュスから直接衛星放送を行いました。最新の技術が、このヴィリニュス市庁舎広場から日本人観客への直接衛星放送を初めて実現させたのです。

Left-wing Organizations

労働組合はリトアニアに初めて接触した団体の一つだったようで、1968年の終わりにリトアニアへ初めての訪問を計画しました。

(visit in 1968; LCVA 0-041680)

社会民主党の代表はリトアニアを1978年、1979年、1981年、1982年に1回ずつ、また1986年には2回と、合計6回にわたって訪れています。リトアニアの最高幹部が来賓を迎え入れ、日本代表団はリトアニアの各地を訪れました。

(visit in 1978; LCVA)

日本とソ連の連合それぞれの信者は独立していなかったのですが、リトアニア代表団が日本を訪れた際、またロシアと日本語の通訳を見つけるのにはとても便利でした。この連合メンバーはリトアニアが日本でのイベントにて、ソビエト社会主義共和国連邦を代表する準備をしていた1982年の夏にリトアニアを訪れました。衆議院のメンバーの一員、かつ副代表でもあった横山利秋は今回の訪問を率いました。他の訪問は1984年に行われました。

(the Head of the Association Murakami in Vilnius, 1984; LCVA)

大使と総理大臣

この時期の日本人外交官による訪問は1967年11月の当時の駐ソ連日本大使であった中川融によるもの、また1978年総領事の勝又貞夫の2回のみでした。

 

(Ambassador Nakagawa in Vilnius, 1967; Lithuanian Central State Archives)

それに加え、中曽根康弘前総理大臣は日本代表団へと赴き、1988年7月にリトアニアを訪れました。この代表団では、衆議院のメンバーであった藤波孝生、そして檜垣徳太郎が参加しました。中曽根康弘元首相はモスクワでミハイル・ゴルバチョフに会い、自らの意見や提案を提示しました。その他にリトアニア訪問を含む、観光もしました。

(Lithuanian Central State Archives)

ディアスポラの貢献

制限下にありながらも、リトアニアのディアスポラは日本との関係を築き上げました。1950年からアメリカに住んでいた有名な戦時中の外交官であるヴァクロヴァス・シデュキカウカスは1966年の11月の数日間を日本で過ごしました。ラジオ、新聞記者の取材を受けた際には、リトアニアの独立に対する強い熱意を伝えていました。訪問の間、デュキカウカスはもう1人のリトアニアと日本を繋ぐ人物、東京のカナダ大使館で働いていた、ヴィータウタス・メイラスとも出会いました。

(V. Sidzikauskas and S. Lozoraitis, c. 1961, © Vytautas Maželis)

その他にも日本とのつながりを持っていたリトアニアのディアスポラを代表する人は多数存在しました。オーストラリのジャーナリストであるアンタナス・ラウカイティス、著者であるアルギーダス・グスタイティス、そしてアメリカのインディアナ大学の日本研究の教授ジューギス・サウリス・エリソナス、さらにカナダからのエンジニア、コスタス・アストラヴァスにジャーナリストのリウダス・スタンケヴィチウスなどが挙げられます。

その他に日本のアメリカの軍隊で1年以上を過ごしたリトアニア人もいました。1967年から1971年の間、東京のアメリカ中央情報局に勤めていたブロニウス・ミチェレヴィチウスがそのうちの1人であり、そこでソ連に関する情報を集めていました。

(B. Michelevičius in Japan; Vytautas the Great War Museum archive)

書誌情報

  • Eidintas, A. (2017). Trijose žvalgybose. Mokslo ir enciklopedijų leidybos centras
  • Romualdo Neimanto kolekcija, VDU
  • Paleckis, J. (1969). Kelionių knyga. Vaga
  • Paleckis, J. (1979). Po pasaulį pasidairius. Vaga

Tue ‒ Thu: 09am ‒ 07pm
Fri ‒ Mon: 09am ‒ 05pm

Adults: $25
Children & Students free

673 12 Constitution Lane Massillon
781-562-9355, 781-727-6090