科学者、旅人、書籍

1980年以降のリトアニアにおける日本に関する知識

(Asian Books Space at VMU, Kaunas; J. Petronis)

20世紀にはステポナス・カイリースやマタス・シャルチュスといった執筆家たちが日本に関する論文を発表していましたが、1940年のソ連占領によりリトアニアにおける日本学は中断されることとなりました。リトアニア・ソビエト社会主義共和国(LSSR)時代には、日本関連の研究は許されていませんでした。そのため、この時代全体で、リトアニアにおける日本関連の情報は、新聞や翻訳文学(主にロシア人作家によるもの)でしか入手することはできなかったのです。しかし、1990年の独立直後から、日本への関心と憧れの大きな波が押し寄せます。この波は、リトアニア人研究者たちに存在感を与え、日本に関する専門的知識を発展・普及させていきました。その中の一人がロムアルダス・ネイマンタスでした。彼は様々な国や文化に興味を持っていましたが、日本は彼の人生において特別な位置を占めていました。1990年以降、日本研究が体系的に発展する条件が整い、30年の間にリトアニアの日本研究センターは、ヴィリニュスのアジア多元文化研究所とカウナスのアジア研究センターという二つの主要な研究機関を形成するに至りました。これらの機関は、研究、蔵書の蓄積、図書館の拡充、そして若い世代の日本研究者の育成を行っています。

ロムアルダス・ネイマンタス

ロムアルダス・ネイマンタス、著名な文化史家であり東洋学者、そしてアジア・アフリカ・オセアニア諸国に積極的な関心を持っている人物です。世界中の研究者との幅広い交流により、30冊以上の著書を出版しています。また、リトアニアとアジアの文化的関係や交流に関するリトアニア唯一の書誌的ファイルを生涯にわたって作成し続けました。彼の関心が注がれるアジアとオセアニアの文化の中でも、日本は彼の心の中の特別な場所を占める存在であり、その文化について彼は5冊もの本を費やしました。日本への旅を夢見ていた彼は、ソ連時代に日本へ行くことができた数少ないリトアニア人の一人となりました。ネイマンタスの著書や論文には、21世紀の人々が目にした日本がそのまま描かれているわけではありませんでした。この書き手の目に映った日本は、優しいロマンと憧憬、そして発見への情熱に満ちていたのです。

(R. Neimantas personal archive)

(click on dates to see more information)

  1. 1939年生まれ
  2. 1959年、オリエンタリズムの書誌集を編纂開始。

    ネイマンタスはリトアニアの新聞を毎日確認し、アジア諸国に関する記事をすべて手書きで記録しました。この書誌ファイルは2011年からヴィータウタス・マグヌス大学図書館内のアジアブックスペースに所蔵されています。

  3. 1975年、ヴィリニュス大学歴史・言語学部卒業。

    ジャーナリストとしての専門性を身につけ、ネイマンタスは編集部に勤めました。

    (VU Faculty of Philology archive)

  4. 1979年、初来日
  5. 1984年、著書『Gyvenimas ant ugnikalnio(火山での暮らし)』(未邦訳)を出版
  6. 1990年、モスクワ大学東洋言語研究所で博士論文を提出

    (A.Savin)

  7. 1992年、著書『Nuo Nemuno iki Fudzijamos(ネムナスからフジヤマへ)』(未邦訳)出版

    この本はリトアニアと日本の文化関係史を初めて包括的に研究したものでした。

  8. 1994年、著書『Pasaulis puodelyje arbatos(一杯のお茶の中の世界)』(未邦訳)出版

    この本の中で、日本旅行中に著者が感じた印象を集め、それを豊かな個人的考察と、美術、茶道、日本の歴史、工芸、演劇の伝統などに関する深い知識をもって描いています。

  9. 2000年、創作活動に専念

    科学的研究の主なテーマはリトアニアと東方諸国との文化的関係及び交流について。このテーマに関する学術的な書籍と一般向けの書籍が出版されました。

  10. 2003年、著書『Nuo Nemuno iki Fudzijamos. Susitikimai su Japonija(ネムナスからフジヤマへ 日本との出会い)』(未邦訳)出版
  11. 2005年、著書『Gamtos dvasia(自然の精神)』(未邦訳)出版

    ネイマンタスはこの本の中で読者に、リトアニアと日本が持つエコロジカルな世界観が近いということを紹介しています。

  12. 2009年、逝去

    カウナスのロマイニャイ墓地に埋葬

1990年以降の学術研究

独立後の最初の数十年間で、日本研究を制度化し、体系的に発展させていくための前提条件が整っていきました。当初は、日本研究を発展させることができる現地の専門家が圧倒的に不足していました。そのため、日本の科学者がリトアニアに来て教鞭をとることが大きな助けとなりました。例えば、ヴィリニュス大学で最初に日本研究を始めたのは合田友野、そしてヴィータウタス・マグヌス大学の客員教授であった小島亮の二人でした。独立直後、幾人かの著名人が留学を終えてリトアニアに帰国し、日本語と日本文化について包括的な知識を身につけていきました。

ヴィリニュス大学ではダリア・シュヴァンバリーテとガビヤ・チェプリョニーテが、クライペダ大学ではヴィータウタス・ドゥムチュスが、そしてヴィータウタス・マグヌス大学ではアルヴィーダス・アリシャウスカスが日本研究を開始しました。他のアジア諸国の研究者たちも、これらの学者たちと手を結び、その結果、研究機関も発展し始めました。1993年にヴィリニュス大学東洋学センター(2018年以降はアジア多元文化研究所)、1996年にクライペダ大学東洋学センター、2001年にヴィータウタス・マグヌス大学日本研究センター(2009年以降はアジア研究センター)が設立されました。

リトアニアにおける日本研究は、いくつかの方向に分かれて発展していきました。その一つが実用性を重視した、言語学です。2002年にはD・シュヴァンバリーテが初の日本語リトアニア語文字辞典を編纂し、2015年にはA.・ジーカスが初の日本語リトアニア語総合辞典を出版しました。2016年にはL・ディドヴァリスが電子版の日本語教科書を編纂・出版し、2017年にはV・デヴェナイテの紙の教科書がそれに続きました。これらのリソースにより、さらに多くのリトアニア人が日本語に直接触れ、学ぶことができるようになりました。

2011年、D・シュヴァンバリーテは著書『Intertekstualumas klasikinėje Japonų literatūroje(日本の古典文学におけるテクスト間相互関連性)』(未邦訳)や総合的な歴史書 として『Japonijos istorija(日本の歴史)』(未邦訳)を2016年に発表しました。これらの出版によって、著者であるシュヴァンバリーテは日本の歴史、伝統文化、文学の研究における最も重要な研究者の一人と認識されるようになりました。また、哲学・美学の研究者であるA・アンドリヤウスカスは、2001年に日本の美学に関するモノグラフを出版しました。同年、アルーナス・ゲルーナスは論文「The Emergence of the New Paradigm of Order in Nishida and Merleau-Ponty Philosophy(西田哲学とメルロ=ポンティ哲学における秩序の新しいパラダイムの出現)」を発表した。

A・ジーカスは、現代日本の社会問題や政治問題について執筆し、戦後の日本社会の変化と政治に関する調査を行っており、とりわけ日本の広報文化外交に高い関心を寄せています。リナス・ディドヴァリスは、日本の環境政策、国際関係、市民運動に着目し研究を行っています。また、若い世代の研究者も日本研究に加わっています。アルヴィーダス・クンピスは、日本における極右の発展と形態について2020年に学位論文を提出し、K・バランツォヴァイテ・スキンダラヴィチエネは日本社会におけるセクシュアリティ問題に関する研究を行うなど、若手研究者たちの活動にも注目が集まっています。

大衆文学

研究は専門的アプローチを用いて日本を映し出そうとする一方、一般大衆が大きく影響を受けるのは大衆文学、とくに旅行本やその国に対する書き手の主観的な態度が伺える旅行記などです。そこで、日本に関するリトアニア人作家たちの主な著書に触れることをお勧めします。

1960 – Anapus Geltonosios jūros

"Beyond the Yellow Sea" (lit. "Anapus geltonosios jūros"). Description of a Trip to Japan (1960, State Publishing House of Political and Scientific Literature).

 

It is probably the first book written by a Lithuanian author about Japan since the time of Steponas Kairys and Matas Šalčius. Mykolas Liubeckis, a photographer and journalist who visited the country, describes the daily life of the people of Japan at that time, state politics, and economics. It also pays attention to religion, traditions, arts, and myths. It reveals the daily life of war-torn Japan even before the economic boom.

1989 – Tokijo cikados

Romualdas Lankauskas "Cicadas of Tokyo" (1989, Vaga)


Romualdas Lankauskas – Lithuanian prose writer, artist, and playwright. During 1986–1987 he traveled to Japan, where he spent several weeks. This trip was his only trip to this country, which left a lasting impression. Inspired, he wrote a book ‘Cicadas of Tokyo: the memories of one trip’, which was published in 1989. In the book, he tells about this distinctive and interesting country’s past and future. Orderly, very clean country, where people are polite and happy. Japanese are assessed as diligent people, who love working in groups. Japan is also conveyed as a country, which loves nature, does not pollute it, and cherishes traditions. The author strongly idealizes Japan: he presents Japan as a country of miracles, where are no jealousness, lies, and greed.

2014 – Japonijos spalvos ir skoniai

"The Colors and Flavors of Japan" (2014, 2015, 2017, leid. Aukso pieva)

 

The author shares his memories about this country in a diary form. Basing the narrative on his own experience, he tells the reader about his life in Japan, spent living in two very different cities – Tokyo and Kanazawa. The book introduces various sides of Japan: its cultural and historical heritage, the people, and the way of life. The narratives are fun, written with nostalgia and humor, supplemented by various important facts about the cultural aspects (like business etiquette). Besides, there are lyrical mini-tales, inspired by Japanese cultural aspects. Also, in this book, there are detailed descriptions of Japanese food. ‘The colors and flavors of Japan’ is like a mosaic, which combines various genres and periods. There is no clear answer to the question of whether this book represents Japan positively or negatively. In the words of the author himself, he says that he is linked with this country ‘almost in the same complicated manner, in which most of us are connected with their homeland: painfully sweet hatred, mixed with love.

朝露の庭(原題:Ryto rasos sodas)(2016年)

朝露の庭(原題:Ryto rasos sodas)(2016年)


ケストゥティス・プタカウスカスの日本庭園と盆栽への興味は、1996年に起きたとある出来事に触発されたものでした。パランガで休養中、偶然目にした日本庭園の写真がきっかけで日本文化に興味を持ち、写真で見たのと同じような庭を作りたいと思うようになります。それが書かれたのがこの一冊です。

日本では?(2018年)

日本では?(2018年)


アンドリュス・クレイヴァはかつてリトアニアの最年少のブロガーとして有名になり、その後、テクノロジーと政治分野で記事を書いてきました。A・クレイヴァはパリの政治学研究所で学び、交換留学生として日本で暮らしました。日本という国を見つめ直し、その実体験を綴ったのが初の著書『日本では?』です。

太陽の七つの顔(2021年)

太陽の七つの顔(2021年)


オウレリウス・ジーカス博士による、日出ずる国の文化・自然遺産を紹介する日本旅行記の第2弾となった一冊です。著者の日本での生活と旅の豊かな経験に基づき、読者を日本の7つの地域へと誘います。不思議な寺院、庭園、城、山中の村、壮大な都市、駅、そして......賑やかな交差点へと読者を誘いながら、日本の文化、歴史、芸術の特徴を明らかにしていきます。

書誌情報

  • Andrijauskas, Antanas. 2004. Istoriniai lietuviškosios Rytų recepcijos ir orientalizmo pokyčiai. Kultūros, filosofijos ir meno profiliai (rytai-vakarai-Lietuva). Vilnius: Kultūros, filosofijos ir meno institutas, p. 422-436.
  • Andrijauskas, Antanas. 2012. Orientalistikos atgimimas Lietuvoje (1977–1992): orientalizmo transformacijos į orientalistiką pradžia. Rytų Azijos studijos Lietuvoje (sud. Aurelijus Zykas). Kaunas: Vytauto Didžiojo Universiteto leidykla, p. 19-54.
  • Budriūnaitė, Agnė. 2012. Rytų filosofijos mokymas(is) Vakaruose. Rytų Azijos studijos Lietuvoje (sud. Aurelijus Zykas). Kaunas: Vytauto Didžiojo Universiteto leidykla, p. 67-80.
  • Devenaitė, Violeta. 2005. Ritoania ni okeru nihongaku no jijō. Fukusenkō no kanōsei. Acta Orientalia Vilnensia, vol. 6 (1). Vilnius: Vilniaus universiteto leidykla, p. 75-76.
  • Koma, Kyoko. 2012. Exoticism, or a Device Reflecting Self-Identity? The Role of Japanese Novels Translated into Lithuanian. Rytų Azijos studijos Lietuvoje (sud. Aurelijus Zykas). Kaunas: Vytauto Didžiojo Universiteto leidykla, p. 103-114.
  • Neimantas, Romualdas. 1988. Rytai ir Lietuva. Vilnius: Mintis.
  • Neimantas, Romualdas. 2003. Nuo Nemuno iki Fudzijamos. Kaunas: Spindulys.
  • Švambarytė, Dalia. 2012. Mokymo priemonių kūrimas Japonijos studijų programoms Lietuvoje: paklausa ir poreikiai. Rytų Azijos studijos Lietuvoje (sud. Aurelijus Zykas). Kaunas: Vytauto Didžiojo Universiteto leidykla, p. 116-121.
  • Švambarytė, Dalia. 2005. Japan Studies and the Disciplines. Acta Orientalia Vilnensia, vol. 6 (1). Vilnius: Vilniaus universiteto leidykla, p. 9-17.
  • Žukauskienė-Čepulionytė, Gabija. 2001. Dešimties metų Lietuvos ir Japonijos kultūros ryšių apžvalga. Mokslas ir gyvenimas, 2001 m. spalis.

Tue ‒ Thu: 09am ‒ 07pm
Fri ‒ Mon: 09am ‒ 05pm

Adults: $25
Children & Students free

673 12 Constitution Lane Massillon
781-562-9355, 781-727-6090